本当に渡しておいたら仕事がきた!最強名刺の効果

前編で紹介した、TBS系 人気テレビ番組『マツコの知らない世界』に取り上げられた『名刺の取れる名刺の専門家』福田剛大(ふくだたけひろ)さんの著書、『仕事が取れるすごい名刺交換5つの鉄則』を実際に私も読んでみて、オリジナルの名刺を作成してみました。

 

会社名、住所、氏名、肩書き、電話番号はもちろん、キャッチコピーやアピールポイント、プロフィールなどを盛り込むために、表裏の両面カラー印刷にしました。

 

ネットショップやホームページの制作指導や講師を生業としているので、キャッチコピーは、『インターネットの御用聞き!そのお悩み解決します!』に決定!

最近はイラストレーターより、Photoshop(フォトショップ)でデザインを作成するのに慣れてきたので、名刺のデザインはフォトショップで作成し、お世話になっている印刷屋さん、カワハラ企画さんに入稿。

 

出来上がった真新しい名刺を配ってみると驚きの効果が!

・実例 渡しておけば仕事が来る最強名刺の実力

企業名刺

カワハラ企画さんにつくっていただいた名刺を配ること1週間、携帯電話に知らない番号から電話が!ある修理工場から、今修理にだしている物の修理が終わりましたとの内容の電話でしたが、その後、その修理工場の社長さんが、『あの~矢幡さんはインターネットに詳しいですか?』と、質問されました。

 

わたし:そういえば、仕事とは関係ないけれど、あとで修理完了の連絡をもらう為に新しく作った名刺を配っていたな…。

とっさに『はい!インターネットには詳しいです!どうかされましたか?』と聞くと。

社長さんは、『実は、ホームページの詐欺にあいまして…。』

 

たまたま近くに居たので、お話を伺いに工場に行ってみると、社長さん夫婦が出迎えてくださり、その内容は、大阪から来たホームページ制作業者に、『ホームページをタダで作る』と甘い言葉に騙されて、気づけば総額180万円以上の料金を支払ってしまったと!

 

業者曰く、インターネットに詳しくないでしょうから、ホームページはタダで作ります、しかし、毎月の管理費・更新料に月々3万円頂戴しますとのこと。

3万円も支払えないと、社長さん夫妻がうったえると、『モニターになってもらえれば2万にします。』と言ってしかも、モニターになれば7年間は続けてくださいと。

 

審査に通りやすいカード会社で7年ローンを組ませて、金利手数料など合わせると総額180万円以上!

ホームページが無料と言って営業してきたのが180万円にとは恐ろしいですね!

 

地方都市を転々と営業して回るこのホームページ制作業者は、ITにうとい中小企業を狙い、営業をかけてなんと、契約するまで丸1日居座り、最後は社長さん夫妻が根負けして契約したそうです。

 

気のいい夫妻は、息子さんと変わらないくらいの年の、好青年に親近感を覚えたそうです。しかし、好青年を装ったホームページ営業マンは、ITなど情報弱者を良いことに、詐欺同然の契約を取り付けたのです。

 

実際にその話を伺い、私も完成した修理工場のホームページを拝見しました。スキッとまとまり一見、いいホームページが出来たと思うのですが、ページ作成機能がなく、最新情報をテキストで限られた文字数しか更新できないと言うお粗末な物でした。

その大阪のホームページ制作会社に代わりに電話してみると、問い合わせにもきちんと対応しており、電話サポートなどもできるようでした。

 

この会社が仮にトンズラしていれば明らかに詐欺でしょうが、電話対応などしてくれるので、詐欺とは言い切れません。

言えるのは、お金の回収が詐欺まがいの行為であることですね。月々2万円をその都度支払いならまだしも、先に7年ローンを組ませて回収するとは、やりっ放しです。

 

このような悪質なホームページ制作業者が居ますのでご注意ください。

 

結局この事例から何が言いたいかと申しますと、『名刺の取れる名刺の専門家』福田剛大(ふくだたけひろ)さんの著書、『仕事が取れるすごい名刺交換5つの鉄則』を実際に私も読んでみて、オリジナルの名刺を作成してみたところ、名刺を配って1週間で、思いがけず相談をいただき、その後、その修理工場とは仕事につながりました。

 

福田さんの著書

 

ではいよいよ、仕事の取れる最強営業ツールの作り方

 

渡しておけば仕事が来る最強名刺の作り方

福田さんの本を読んで自分なりに工夫して作成し、印刷屋さんとも打ち合わせしながら作った物ですが、重要なのは、自分の作りたい名刺デザインを押し通すのではなく、名刺印刷の専門家、印刷屋さんの意見もしっかり聞くことです。

印刷屋さんは当然職業柄名刺をたくさん印刷しますし、名刺の基本をしっかりおさえています。

 

オリジナルの名刺を作ってみよう!基本とレイアウト

わたしの場合は、表裏の両面印刷で横向き。

表にはキャッチコピー、会社名と何やか分かるように『ネットショップ勉強会・HP制作指導』入れさらに『インターネットの御用聞き!そのお悩み解決します!』とターゲットに向けてキラーワードで刺さるよう設計。

肩書きや氏名、住所、電話番号はもちろん、自社のホームページへ誘導する為のQRコードも載せました。

 

裏面もキャッチコピー2を目立つようにデザインし、プロフィール、経歴、資格など載せ、よく聞かれる料金プランなどもまとめて載せておくと便利です。

 

さらに、Amazon(アマゾン)で電子書籍を販売していることも大きくアピール!

印刷屋さんのアドバイスで、これ以上載せるとゴチャゴチャするとの判断で、プロフィール写真はナクナク断念。

 

名刺も見た目が第一!デザインと素材の基本

名刺も基本的なデザインがあり、それさえ押さえていれば、まとまりのある名刺が出来上がります。

 

・だいたい左上に会社名や企業ロゴマークを配置します。

・使うフォント(書体)は2~3種類まで、文字の大きさで強弱をつける。

・メインカラーと相性の良いサブカラーを使い、ギラギラさせない。

・台紙となるメインのカラーに目立たせる補色をを選ぶ。

補色:赤色と緑色、黄色と紺色、ピンクと黄緑など

 

写真やイラストを入れてオリジナリティーをアップ

同じ企業名刺であっても、それぞれ社員の顔写真が載っていれば誰の名刺か一目瞭然ですよね。

会社全員同じ名刺であっても、初対面の時に手書きで一言添えるなどするだけで、他の名刺との差別化になります。

キャバ嬢が、名刺の裏に手書きのメッセージを書いて渡したりしますよね。自分の名前が書かれているとさらにテンションアップ!

 

何屋か一発で分かる名刺を目指す!

もらった名刺で一番困るのは、会社名、住所、氏名など基本情報しか載ってなく、しかも会社名から事業内容が分かりづらい名刺です。

名刺交換をした後に見ても、『この会社、何やってる会社だっけ?』ってなっちゃいます。

名刺は最強の営業ツールなので、相手の何屋か一発で分かるようにしなければなりません。

会社名の下に、簡単な事業内容を経営理念のような形で入れるなど工夫が必要です。

 

名刺は裏面で語る!業務内容や実績を知ってもらう!

表、片面印刷だけのシンプルな名刺をよく見かけますが、メジャーな大企業なら企業名で何屋さんか察しはつきます。しかし、起業したてで知名度のない会社の名刺ほどお金をかけずに作りたいのか、必要最低限の情報でしかも、家庭用プリンターで印刷したペラッペラの薄い用紙に、ミシン目のザラザラした切り口が安っぽさを醸し出しています。

 

安っぽい名刺では仕事は取れませんよ!

表面がシンプルなら、裏面でしっかり事業内容などを明記しましょう。

 

商談相手との会話の糸口になるよう、プロフィール、自身のストリーや実績、資格、趣味など載せていると、相手との共通の話題が見つかるかもしれません。

 

そして、名刺を渡した相手の反応を見ながら、常に改善すべきところは取り入れ、新しく名刺を刷り直す際はバージョンアップさせるのが大事です。

 

ただのQRコードでは計測できない!パラメーターを仕込む

QRコードパラメーター付き

名刺にホームページなどのQRコードを載せている方が多いですが、ただ単にQRコードだけ載せても意味がありません。

そのQRコードを読み取ってどんな情報が得られるのか?

どんなメリットがあるのか!明記する必要があります。

 

私の場合、QRコードの上に『ネットで月商100万円のヒミツ公開中!』と書いています。

興味のある方は、QRコードを読み取るでしょうけど、興味のない方は読みこまないでいいのです。

重要なのは、興味のある人だけ来てもらえるようにすること。

 

そして、QRコードにもパラメーターと呼ばれる情報をあらかじめ指定して、名刺のQRコードを読み取ってホームページを訪問してくださったお客様か、そうでないかをきちんと計測することです。

ホームページにGoogleの提供する無料のアクセス解析ツール、『Googleアナリティクス』を導入すれば、QRコードのトラッキング(追跡)をすることができます。

 

紙媒体では計測できない情報を、デジタルなツールを使うことにより、効果測定できる最強営業ツールとして進化させていきます。

まずは、コンセプトとターゲットを明確にした上で、誰に向けての名刺か考えることから始めてください。

その上で、ターゲットとなる人物がどのような悩みを抱え、自分がどのような商品、サービスを提供することで悩みの解決になるか考えぬき明記すること。

 

そして、自分のプロフィール、実績、ストーリーによって共感していただき、商談がスムーズに進むような、会話を生み出せる仕掛けのある名刺をつくること。

さらには、何度もトライアンドエラーを繰り返し、最強の営業ツールとして磨きをかけていって下さい。

 

いかがだったでしょうか?

前編、後編を通してオリジナル名刺で、営業の最強ツールとしての名刺の作り方を紹介しましたが、あなたがこれから、新しく名刺を作る際の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

オリジナル名刺の制作依頼・名刺印刷のご相談はカワハラ企画まで。

 

前編→名刺1枚で仕事が取れる!新入社員のあなたへ最強営業ツールの作り方〜名刺の基本と名刺の世界〜

 

この記事を書いた人

この記事を書いた人ECカフェ大分 代表:矢幡正人

ホームページ制作指導/セミナー講師

★前職で派遣切りに遭い、2014年より在宅ワークの道を選び、独学で海外よりLEGO(レゴ)の個人輸入を開始。amazon.co.jpにてインターネット販売を始める。開始当初よりブログで情報発信しており、月間閲覧数は100,000万PVを達成!WordPress(ワードプレス)ブログでのコンテンツマーケティングで、自然検索上位表示による集客方法を構築し、たった一人で月商100万円越えを記録!

現在は、amazon、楽天市場、独自ドメイン店でのネットショップ運営経験を活かして、ホームページ、ブログ、SNS、ネットショップ初心者向けの勉強会、セミナー企画運営、制作代行に従事。

★Googleデジタルワークショップ修了認定取得/Googleアナリティクス上級者向けコース修了認定取得

(財)大分県産業創造機構 中小企業支援アドバイザー

ミラサポ専門家(中小企業庁専門家派遣事業 )